« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年9月

2010/09/09

Zergでの資源バランスとユニット構成

あまりAll inは行われないので1hatあたりでのdroneの資源採集効率が落ちない22体で得られる資源、larvaから何が出来るか考察。今回はユニット生産に必要なsupply確保のためのOLのコスト込みで考えていきます。

まずは1分間で得られる資源とlarva

mineral gas larva
640 約220 10

larvaはqueenにしっかり40秒ごとにspawn larvaをさせ続けた値。実際は無理なのでlarvaが足りなくなるはず。ただ実戦ではlarvaが極端に不足することは余り無いです。単純に1hatあたりのdroneが22体以下だからでしょう。

次にユニットコスト

unit mineral gas larva
zergling 62.5 0 1.125
roach 100 25 1.25
hydralisk 125 50 1.25
mutalisk 125 100 1.25
ultralisk 375 200 1.75

他は余り量産しないので無かったことに

  • roach

1分毎に6.4体1hatごとに沸きます。沸きます。
mineral足らず。gas,larva余り。ただsupplyに余裕があるなら、理想的な形で資源を消費しつくせます。大きい当たりのあとroachがわらわら沸いてくるのはもしかしたらそういった理由からかもしれません。gasが余るのでhydraやmutaと組み合わせるか、attack・deffenceをさっさ研究するといい感じじゃないかなぁと思います。droneを増やしておくのもあり。30体いれば8体生産していけます。ただlarvaがかつかつなので実際は無理。

  • hydra+ling

1分で4.5体沸きます。gasはそれで全て消費。残ったmineralとlarvaでzerglingを生産すると、余ったmineralとlarvaが結構消費しつくせるのでいい感じです。mass hydraでmineralかつかつだよ!という場合単純にdroneが足りてないです。supplyに余裕あるときはlarva足らず。baseにhat増設が必要になります。

  • hydra+roach

割とよくあるこの構成。何体づつ生産すると良いでしょうか。おおよそhydra2体roach4体で10ほどmineral足らずの25gas余り。前衛のroachダメージディーラーのhydraといった形で戦闘面でもこの配分は中々良さそうです。supplyに余裕がある時にhydra+roachといった編成を取ろうと思えばmineralが余ります。expandしてgasを取りましょう

  • muta+zergling

さらによく見るこの構成。とにかくgasをmutaにつぎ込み残りのmineralをzerglingにつぎ込んだ場合、1分間でlarva9体消費します。10秒queenに卵を産み付けさせることをサボった場合mineralが余ります。当然supplyに空きがあればあほみたいにmineralが余った上にlarvaが全然足りません。baseにhat増設は必須です。droneの数が伸びる前にexpandするのもありです。gasをbanelingにつぎ込んだ場合多少larvaに余裕が出来ます。

gasよりmineralが尽きる方が早いので、中盤以降はgasに余裕が出来ます。ですのでultraさんは割りとどうでもいいです。1hatにつき1分毎に1体沸くと思っておけば問題ありません。
zergはどうしてもmineral余りのgas足らずになります。比較的簡単な解決手段はroachです。zerglingはlarvaの消費が激しすぎるので中盤2~3baseで用いるならhatの増設が必要です。また早めにexpandしてgasを確保するようにするといいと思います。3rdまで取れると1baseあたりのdroneはまず22体以下です。他の種族はガンガンworkerを増やしてmineralの収入だけ増えても割りと解決しやすいのですが、zergは2baseでdrone60体となっても、mineralの使い道が極端に限られます。ですのでworkerを増やすのと同じ感覚でbaseを増やさないといけません。macroが難しい種族です。

結論:Roach Warrenは建てとけ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »