« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/09

借りぐらしのアリエッティ@TOHOシネマズ梅田

若干ネタばれ含みます。

この映画の面白みの大部分は小人から見た世界、その視覚的なところにあるのは間違いない。『借り』の一連の過程や虫の動き、水滴の表面張力の感じまたローリエの葉一枚で一年持つと言うような会話はそれだけで面白い。私たちは比較的巨大なものからの視点や俯瞰的な図に慣れているので逆に新鮮ですらあるのだろうと思う。
それがまぁ一番の面白みとはいえ脚本も悪くは無い。アリエッティと翔の関係、アリエッティ一家が引っ越すか否か、ハルさんの野望(?)、翔の心臓病などが連関を形成し、物語の終局で解決されていくのは例えば『崖の上のポニョ』と比較するとプロットは小奇麗にまとまっている。ポニョの場合世界の破滅-救済と愛の成就-不成就が二項対立的に対応しており、当然「ポニョ、世界が壊れても俺はお前を愛す」などと言う熱い展開は期待できないので、物語中盤で物語構造がほぼ描かれた時点でその解決が見えてしまい面白みにかけていたように思う。セガールが主人公のホラーみたいなものでいや、絶対助かるでしょ!と言う感じでどきどきしないのだ。

物語の要素の中で軽いように見えて意外に重要なのは、翔の心臓病だ。ハウルなどでもそうだけれど、心臓は感情の記号だ。心臓が欠落していたり傷があったりすることはどこか感情が欠落していることになるのだ。そもそも本人を目の前にして「君たち滅びちゃうんだよね」とか言っちゃうあたりかなりのKY臭を漂わせている。ただアリエッティとの交感を通じ病を埋め合わせることになる。だから翔の心臓の手術は成功するだろう。

声の演技は悪くなかったようにも思う。声優の演技はやや誇張されすぎているきらいがあるので俳優を使うこと自体は問題ない。棒読みというと表現が良くないので抑制された演技と言うけれど、それ自体は悪いことではない。武の映画やフランス映画などはよく抑制されている。反面こんなときに無表情で棒読みされたらたまったものではないので、映画にそれぞれ当てはまっているかどうかが問題なのだ。そういった意味で翔役の棒読みは方向性としては合っている。動のアリエッティと静の翔といった対比もあり、そもそも翔自体感情欠落者だからだ。ただいささか抑圧されすぎている感があった。正直なところ違和感を感じてしまうレベルの棒読みで、もう少し内面を演技に乗せても良かったように思う。

音楽はとても良かった。ただそれ以上に音響が丁寧だった。スタジオジブリの映画は音響が妙に悪いというか、音数が足りていなかったりしょっぱい音声を当てていたりと、それはもうラピュタの頃からポニョに至るまで弱点だった気がするけれど、ようやく映画としては並になった気がする。今後もこうであってくれれば安心するんだけれど。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »