« AOE3やってます | トップページ | インドvsドイツ准将 »

2010/03/02

インド市場テク

個人的なメモなんです。見づらいのは我慢

AOE3で特にH2HではTCが2つ以上になることはあまり多くなく、資源の用途としては各内政要素でのトレードオフは少ないと思います。つまり市場での内政ブームを仕掛けるなら単純に早ければ早いほどよいことになります。しかし内政の存在するRTSの宿命として内政に資源を割くか、兵に資源を割くかといった対立は当然存在するので、内政テクへの投資からリターンを得るのがあまりにも遅ければ軍量差で後塵を拝してしまいかねません。ブームを仕掛けるには安全が担保されて無ければなりません。
故に市場テクがどの程度の時間でその投資を少なくともペイするかを確認する必要があります。また当然天然資源から稲田へのシフトが必要になった場合は天然資源の収集効率を上げても無意味になるので、その観点からも無益ではないかもしれません。

今回資源はそれぞれ10人で採集すると仮定。なおインドは木の伐採テクがゲーム開始時点で2段階入っている。苺は食べたら負けかなと思ってる。なおデータはこうえきいのち より抜粋。AOCでは内政テクは乗算されていた気もするけど、AOE3では加算のよう。

  • Ⅰの時代のテク

初期資源収集効率は
獣 0.84  木 0.575(本来は0.5)  金 0.6
ちなみに農民の連続生産には木に6人弱必要。土地均分論は農民2.17人分。土地均分論は農民4.09人分で両カード切ればTC一つ分の農民の連続生産は支えることが出来ます。

テクは
獣 W25 G25 肉換算で78.48 上昇量 0.042 * 10人 で約187秒でペイ
金F40 W40 金換算で70.31 上昇量 0.03 * 10人 で約234秒でペイ
また天然資源全ての採集効率を上昇させる文官がコストF50 W50 G50で
上昇量はそれぞれ 肉 0.042 木 0.025 金 0.03で約153秒でペイ

セポイラッシュから早めⅢ入りを目指すセミっぽい戦い方でも2の時代で早めに研究するならば、農民数を考慮してもⅢ押しまでに元は取れそうな雰囲気です。直行即Ⅲでなければ研究しておいた方が良さそうです。Ⅱ入り直後から軍生産に注力しなければならない、そうでなければアグラが爆発する文明はそうは多くないので、10人アグラ12セポイラッシュからの市場ブームも行ける気がします。というか、セポイラッシュが微妙なことも多いのでアグラおいてⅡ進化中に市場建てちゃうとかでも場合によっては有効かも知れません。金はⅡ序盤そんなに大量に掘らないので、多少遅らせるのもあり。大体一括でキューに入れる人が多いかもしれませんけど。

  • Ⅱの時代のテク

Ⅰの時代のテクが全て完了しているとした場合の資源収集効率は
肉 0.924 木 0.6 金 0.66

テクは
肉 W65 G65 肉換算で191.1 上昇量は0.084 * 10人で228秒でペイ
金 F100 W100 金換算で181.43 上昇量は 0.06 * 10人で302秒でペイ
帝国支配は F150 W150 G150 で天然資源の採集効率+10% 235秒でペイ
ちなみに文官・帝国支配を研究しないと西洋文明の効率に追いつかない。

農民数が30人になるのが11分頃で、大体15分以降までⅢを押さないなら、Ⅲ押しの障害にはなりません。木をそもそも10人で切ることは無いですしさらに元を取るのは早いでしょう。ある程度早めにⅢ入りを目指すなら、進化を優先し市場テク2段目を研究するのは進化中程度に留めておいた方がカードの効率・進化のおまけ資源など、他で直接資源効率を上げることができるのでそっちのほうが無難かも。semiなら金テク以外入れるものありかも知れませんが農民数がまだそこまで伸びていないはずなので、Ⅲ入りがやや遅れるかもしれません。自分自身の経験上Ⅲ進化中は資源をあまらせることが多いので、ユニットのアップコストやウルミン代などの目処がつき次第研究する癖をつけた方がいい感じがします。あくまで私は、ですけど。そもそも結構高コストなので、Ⅱでこの3種全てを研究するのは怖い。トータル肉換算で1000を少し超えます。

また天然資源の残量が肉2300・金2200切っているなら肉テク・金テクは入れない方が良さそうです。多分。帝国支配は金肉両方にかかわっても来るので分からないと言うか考えるもが面倒くさいです。帝国支配を木農民10人でペイさせようとすると大方12分はかかりますので、木の効率アップだけを期待するならⅢに入って木材貿易を研究してください

  • Ⅲの時代のテク

この時代は木材貿易のみ。2の時代までの内政テクを全て研究していた場合の効率は
肉 1.092 木 0.65 金 0.78
テクはF240 G480 木換算で542.86 上昇量は0.15 * 10人で362秒
高コストに見えるが上昇幅が+30%と大きいので意外に使える。とはいえ資源価値としてはTCよりやや安い程度なので悩ましいところ。

« AOE3やってます | トップページ | インドvsドイツ准将 »

AOE3」カテゴリの記事

コメント

何故か農民の作成時間を30秒と勘違いしていましたが、25秒のようでした。ということで農民の連続生産に必要な人数はほぼ7人ジャストになります

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094059/33594301

この記事へのトラックバック一覧です: インド市場テク:

« AOE3やってます | トップページ | インドvsドイツ准将 »