« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年8月

2009/08/12

中国

中国は強い部類に属する文明です。3v3・4v4のチーム戦では前衛後衛ともにそつなくこなせる文明が選択されやすい傾向にあります。その点中国は編成に柔軟性があり、両者とも十分こなせます。内政ボーナスにより内政と軍事を非常に両立させやすいです。帝王ではこれといった強力なユニットがいないので、他の強文明ほどではありません。内政の強さも含めて、どちらかといえば城主の時代に強い文明です。チームボーナスは海マップでのバイキン、ぬくりマップでのスペインには劣りますが、非常に役に立ちます。陸ではかなり強いのですが、海では進化が非常に厳しいことと畑ボーナスの重要性が多少薄れるため、選択されることはありません。

  • 前衛の戦術

弓・槍散・斥候・即・貢

いわゆる即粉引きをすることにより、農民の連続生産と領主押しが比較的容易になります。農民一人+にすることが出来れば、10分で大体200ほど資源的には+になります。とにかく素早く羊を発見して、TCにつれてくることが重要です。またその際3人で1匹の羊を食べるようにします。手動で格納させたり、町の人が新しい羊を殺す際の移動が減り肉の収集の効率が上がります。一番慣れが必要な文明ですので、多少練習してから使ってみるのが良いでしょう。全体的に歩兵射手が強いので、領主は弓か槍散が安定しています。そのまま帝王に繋がるのも、好印象です。とはいえ内政が十分に強いので騎士シフトも有効です。

  • 後衛の戦術

騎士・直・貢

騎士に血統が入る上、内政が非常に強力で騎士向きです。あえて直する必要性は薄いです。即する場合中国では市場+馬小屋で城主を押し、進化中に地図をすることがあります。連携を重視する場合や、3v3で騎士の投入こ効率よく進めたい場合には有効です。
大体の文明相手には騎士でごり押しできます。城主でもいけますし、重騎士でも問題ないでしょう。ただ近衛にはアップせず、どうしても金の消耗が激しくなるので、最終的にはシフトが必要です。不利になった場合らくだを出します。槍・矛と違い足が速いので味方に流れた騎士も追いかけることが出来ます。

  • 帝王の編成

何でも出ますので、何でも出します。軸にすえるのは騎士か連弩になります。前衛で弓から早めに帝王に入った場合、重石弓にラムか、遠投を絡ませます。城+ユニット+建物で固めつつ着実に進軍するような戦い方が強いです。射程が短いのですが、ユニテクをすればヘビースコーピオンもなかなか使えます。ただ全体的に足が遅い上に射程が短いので投石が出てくると一気に厳しくなります。砲台+遠投で何とかなればいいんですけどね。

連弩兵はRAMを割れる数少ない射程系ユニットのひとつです。矢を複数本打つので騎士・イーグル・ハスにもダメージを通すことが出来ます。固めた上で矛・騎兵あたりを壁にして上手く扱いたいところです。ELよりも砲弾術を優先します。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »