« 帝王戦 POPとコスト | トップページ | 攻撃動作 »

2008/11/24

得意なユニット

騎士・斥候・(少数の)散兵

苦手なユニット

弓・散兵・砲撃手・弓騎兵・スコーピオン・剣士など

とにかく馬以外は基本的に苦手であまり強くありません。スペックだけ見れば剣士と大きくは違わないのですが攻撃速度がかなり違うために攻撃力不足で殺しきれません。攻撃力も微妙です。射程もちの馬・弓騎兵属性のユニークなどは数の暴力で押し切れることもありますが、やはり苦手な部類に入ると思います。

ただ、馬へのボーナスはとにかく大きく、コスト面で相当優遇されています。ペルシア・チュートン・フランクなどの騎士文明は小手がなく散兵が弱いので相手文明が矛を出してきた場合、見方と合わせないとつらいと思います。また騎士文明同士の激突でも、長槍や矛を混ぜることで戦闘面で優位に立つことができます。ボーナスが他の安物に比べとにかく大きいので、帝王終盤まで矛が居るゲームも珍しくありません。近衛騎士が居るゲームや、相手が騎兵・ハサーを出しているなら出し続けるのも良いでしょう。ただ足負けしますので、仕方なく出すよりは相手を釘付けにするように槍を使えるのが良いですね

とにかく対馬がクロースアップされがちな矛ですが、重要な役割のひとつに最も安価な直接攻撃が含まれることです。H2Hでマップから金が切れても矛を出し続けるのは相手が馬を出すからでもあるんですが、RAMを割るためでもあるようです。またkmkmなどでは散兵+農民だけでなく槍を混ぜることで効率的な戦闘が可能になります(散兵を散らすことが出来ます)し、農民も殴ることが出来ますので、農民が散兵を殴ることを妨害できます。槍散で農民に撃退されてばかりいる場合は、槍の数が足りないのかもしれません。

また城主以降では、投石の最低射程距離以下に詰め寄ったりRAMを割ることが重要な役目です。とくにRAMを割れない類の射程系をメインに据える場合、長槍・矛の援護があるなしでは勝手が違ってきます。

槍散・槍RAM・槍投石と、槍が居ることが前提になる名前のある戦術はいくつかあります。ほかのユニットに比べて多いですね。ただ槍RAM、槍投石で特に槍RAMに言える事なんですが、槍の直接攻撃系のユニットとしてのスペックはやはり安物並みであるということです。つまり、農民が殺せません。RAMだけ農民にぼっこぼこにされて、槍はTCに撃ち殺されて攻勢が挫折することも多々あります。朝鮮なんか投石でなくRAMで行っちゃうと特にやばいです。高温溶鉱炉がないので、農民がなかなか殺せないです。

メインに据えることはできても、単編成だと脆いです。結局素のスペックが低いので、騎士以外が来ると簡単に返されてしまいます(槍ラムは非常に返しやすいです)。何か一枚、騎士か弓を加えることで十分な厚みのある編成になるかもしれません。城主槍ラムなら鉄鋼血統お構いなしで、とりあえず騎士を混ぜてみるもの面白いですね

まとめるとアンチユニットとしては超優秀ですが素のスペックが低いのでそれ以外は微妙。でも安価な直接攻撃ユニットとして働くこともある、というところでしょうか。

因みにカタフにも結構大きなボーナスがあります。日本矛に押し切られるカタフという残念な光景を何度か目撃したこともあります・・・

« 帝王戦 POPとコスト | トップページ | 攻撃動作 »

AOC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094059/25607640

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 帝王戦 POPとコスト | トップページ | 攻撃動作 »