« 手押し・荷車 | トップページ | 槍 »

2008/11/19

帝王戦 POPとコスト

マヤの文明解説でコスト勝ちしてもPOPの活用で負ける的なことを書きました。

イーグルがF20G50の計70。近衛騎士がF60G75の計135でコストはほぼ2倍ですが、フルアップならイーグル側が勝ちます。マヤの場合ですね。アステカですと負けます。つまりコスト的にはイーグル側が勝っているのですが、近衛騎士側とイーグル側の双方がPOP200維持している場合最終的には近衛側が勝ちます。

理由は軍隊を維持する農民数に大きな差があるからです。

近衛騎士50を農民150で維持するのと同資源量のイーグルを出した場合農民数は103程度です。つまりPOPの制約がある場合、コスト的に上回っていても、兵質で劣っている場合、農民数の差から、内政差で最終的には押し切られます。特にマヤと大体の近衛文明ですと金の掘削の有無からさらに内政差がつくためマヤ側不利です

木飯に比べて金が効率悪いのに交易するのも、強いユニットが居ない文明が帝王弱文明とされるのもひとつの同じ理由からです。帝王戦のセオリーのひとつは高い兵質にこだわること。です。バイキングならいずれはベルセルクを出すべきですし、ペルなら象です。ビザなら敵に歩兵が居なくても(!)カタフラクトをだすのはありでしょう。

逆に安物はどんどん姿を消していきます。特に投石が出てくると完全にごみです。改良以上でも相手が安物の場合は出すべきじゃないでしょうか。ただ例外は馬に対する槍で、POPを考慮しても勝てそうな気はしますね。経験則なんであまり迂闊なことはいえませんが

« 手押し・荷車 | トップページ | 槍 »

AOC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094059/25462189

この記事へのトラックバック一覧です: 帝王戦 POPとコスト:

« 手押し・荷車 | トップページ | 槍 »